ホームページリニューアルのお知らせ

平素より当協会のホームページをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、ホームページが新しくなりました。
パソコンやスマートフォンからも、快適にご利用いただけます。

東浦町の魅力や情報がわかりやすくお伝え出来るよう、内容を充実して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

緒川城ミニチュアレプリカ アンケート結果

11月に募集したお城アンケートの集計結果が出ましたので発表いたします。

A 13.9%

B 49.2%

C 36.9%

天守閣のあるA、Bの構成比が半数以上を占めていた事から
構成比の1番多かったBで作成し展示を計画しています。
ご協力いただきありがとうございました。

緒川城ミニチュアレプリカ

イオンで自慢の逸品展示会

 1月22日、23日に東浦町と大府市の商工会が、見出しの逸品展示会を開催しました。イオンモール東浦1Fセントラルコートで多彩な店舗が勢ぞろいして、それぞれ店主のこだわりが詰まった逸品の紹介を行いました。ただ時悪しくもコロナ蔓延感染防止が出されたことで、人出はちょっと少なかったようです。

 会場では杉原ぶどう園のブース、トーエイのブースを覗いてきました。その中でトーエイのガラス砂を使用したインテリアポットは、水の代わりにガラス砂を入れて生花ではなく造花を入れて楽しむものです。独り者や横着な人にはおあつらえ向きのインテリアかなと思いました。

イオンで自慢の逸品展示会
イオンで自慢の逸品展示会
イオンで自慢の逸品展示会

知多バスかもめツアーを案内

 2022年1月19日観光庁支援事業の知多半島の市町を巡るツアーを、ふるさとガイドのみなさんが案内しました。知多バスが「知多娘と一緒に学ぶ知多半島」と題して通常の半額4.980円で募集し各市町を巡るツアーで、それぞれ2回計画されています。東浦は1月19日と2月9日が予定されています。

今回は知多半島のPR役「知多娘」2名を含めて7名と知多バス係員2名の9名を、入海神社、傳宗院、乾坤院、郷土資料館と案内しました。入海神社ではオトタチバナヒメの歌碑のこと、姫の櫛が流れ着いた紅葉川のことはみなさん興味を持って聞いてくれました。乾坤院では寺の名前の意味や生い立ちを説明し、特に東浦は家康の母「於大の方」の生誕地なので、その父「忠政」をはじめとする水野家4代の墓など説明しました。

 時間的にはゆったりとしていて、それなりの説明が出来たと思っています。今回はここへ来る前に春香園でいちご狩りをしていますが、知多娘は「同じ種類の物だけでなく、3種類ほど食べられてとても満足、私は63個食べました」と喜んでいました。
今回のツアーで東浦の素晴らしい点を少しでも理解してもらえたら嬉しいです。

知多バスかもめツアー
知多バスかもめツアー

愛知のお城観光ガイドブック

 愛知県観光推進課の「愛知のお城観光推進協議会」が、お城観光ガイドブックを発行しました。新聞報道でご存じの方も多いと思いますが、この冊子が観光協会と郷土資料館に置かれています。名古屋城、犬山城が中心の編集ではありますが、歴史学者の小和田氏の解説や愛知のお城がすべて網羅されており、その中にはもちろん緒川城も掲載されています。お城を取り上げているので、県下で大きな戦は桶狭間の戦い、長篠設楽が原の戦い、小牧・長久手の戦いを、三大合戦と位置付けてゆかりの城を紹介。

 しかし、戦の実践で初めて織田信長が鉄砲を使った「村木砦の戦い」は載っていませんので、少し残念ではあります。それでもお城が土の城から石の城へと変遷を重ねた歴史が解説されているなど、中身はとても参考になります。

 無料でいただけますので、ぜひ一度ご覧になることをお勧めします。

愛知のお城観光ガイドブック
愛知のお城観光ガイドブック

第1回東浦を再発見しようツアー26名の参加

 11月28日(土)初めて観光協会主催の、東浦を再発見しようツアーは26名の参加を得て開催しました。今回のツアーの目玉は「生路の三白」にまつわる伊久智神社、神後院、大生紡績跡と、原田酒造の見学を組み合わせました。これらの場所は知っているものの、平安時代の延喜式に登場する生道塩の神様、国内で初めて白砂糖をつくったのが生路の原田喜左衛門であることはあまり知られていません。白木綿の日本三大生産地の一つ、知多木綿については東浦の中でも生路が中心であったことは知られてます。しかし、工場の見学はなかなか機会はありませんし、当時のお話しも聞くことは尚更です。大生紡績では当時の写真や資料を掲示して説明してもらい、寮の中の部屋の見学をしました。機屋さんが全盛の生路では、都市銀行の東海銀行が今のJA南部支店の所に昭和25年から44年まで営業していました。

 そんな機屋さんの跡が再開発されて、住宅、スーパー、病院、ゴルフ練習所、今は廃業しましたがパチンコ屋も出来ました。町内各地区は新規開発で発展してきましたが、生路はそうした土地がなく機屋さんの跡地を再開発して今日があります。

 また、原田酒造さんは1855年創業の歴史を持つ、町内唯一の酒蔵です。一般のツアーですとバスで回り試飲もできますが、今回は車で生路に集合していますのでそれはかないません。その代わり、これまでの蔵開きに代わり有料(100円~)になりますが試飲会を12月18日・19日の土日、25日・26日の土日に開催します….とのことです。いろいろなお酒の味を楽しみたい方は、ぜひおすすめです。もちろん歴史のある生道井などもお買い求めできます。

第1回東浦を再発見しようツアー
第1回東浦を再発見しようツアー
第1回東浦を再発見しようツアー
第1回東浦を再発見しようツアー

東浦を再発見しよう「東浦だらけ展」

 11月12日~14日にかけてイオンモール東浦セントラルコートにおいて、見出しの東浦だらけ展が開催されます。「…だらけ展」とは懐かしい言葉です。地元ではよくつかわれた言葉で、これも東浦、あれも東浦という意味合いです。今回は町内の産業、地域活動を紹介する展覧会です。生活の基盤となる農業、製造加工業、サービス業、地域貢献する事業者・団体の皆様の活動が、東浦町に育つ大切な実となっております。

 東浦町にある産業とそこに働く人々が、私たちの生活と密接に関わっていることを、そして、生涯を通して活躍していく環境が東浦町にたくさんあることをしっていただく意味でも、ぜひ一度足を運んでみてください。

東浦だらけ展

第1回東浦を再発見しようツアー

定員に達しました。ありがとうございました。

第1回東浦を再発見しようツアー

「生路の三白」と老舗の酒蔵を巡るツアーを開催します。

とき
11月27日(土)
集合 午前9時20分

集合場所
生路コミュニティセンター(東浦町大字生路字森腰1-1)

定員
25名(先着順)

参加費
200円(当日徴収)
※ボランティア保険・資料代として

コース
天満宮→伊久智神社→北組けいこ部屋→神後院→生路井→原田酒造→大生紡績跡→生路コミュニティセンター(順次解散)

主催
東浦町観光協会

協力
東浦町、東浦ふるさとガイド協会

その他
・小学3年生以下は保護者同伴
・小雨実施
・飲み物などは各自持参
・事故はボランティア保険内で対処

申込み
11月8日(月)午前9時~11月24日(水)午後5時
問い合わせ先の窓口か電話でお申し込みください。
※HPからは受付不可
※土日、祝日を除く

問い合わせ
東浦町観光協会 (勤労福祉会館 商工振興課内) 0562-83-6118

天白遺跡にみる7.000年昔の暮らし

 郷土資料館では12月19日までの予定で秋の企画展が開催されています。平成29年度発掘調査が行われた天白遺跡の様子が、分かりやすくまとめられた資料と共に展示されています。遺跡の始まりは、縄文土器の出土から約7.000年前の縄文時代早期後葉です。

 竪穴建物などの遺構が数多く検出され、大きな集落が弥生・古墳時代を中心に形成され、人々が暮らしていたことが明らかになりました。出土した壺、カメ、椀や食料とした猪、鹿の骨さらには勾玉など陳列されています。そして、見るだけでなく立派な資料もいただけますので、是非一度見学されることをお勧めします。

天白遺跡にみる7.000年昔の暮らし
天白遺跡にみる7.000年昔の暮らし
天白遺跡にみる7.000年昔の暮らし
DSC_0205.JPG

村木砦跡 見学者用駐車場のご案内

村木砦跡の見学(八剱社参拝者)で車を利用される方にお知らせです。

村木砦跡の南にあるレオデンタルクリニック様のご厚意で、
【日曜日、祝日限定】で駐車場をお借りできることになりました。

ぜひご利用ください。
看板が目印です。

村木砦跡 見学者用駐車場
PAGE TOP